FOURTEEN

ONLINE SHOP

FOURTEEN MAGAZINE

フォーティーンがお届けするお得なゴルフ情報

竹内佑太の SCIENCE THE FOURTEEN! 第十回

2020-2-14

FOURTEEN

 10

改めて認識したい

フォーティーンが『長尺』で

飛距離追求を続ける理由

※「KAZのイケてる!?ゴルフスタイルカレッジ」と隔月交代でお届けしています。

 

 フォーティーンといえば・・・。

「ウェッジのフォーティーン」という存在印象と同等に、「長尺ドライバーのフォーティーン」と強く印象があるかと思われます。今回はなぜフォーティーンが一途に長尺ドライバーにこだわり続けているかを改めてお話ししていきたいと思います。

 まず、これまでドライバーが歩んできた時代背景では、ヘッドの大型化が進む(投影面積が大きくなる)とともにシャフトの長尺化を辿ってきました。一般的にヘッド素材や体積ばかりがドライバーの進化の象徴と注目されていますが、シャフトの長尺化もその一端を担っていることを私たちゴルファーは忘れてはいけません。明らかに物理的なスピードアップに貢献するシャフトの長尺化は、その時代時代でメディアや有識者、メーカーを巻き込んで様々な論争が展開され続けました。紆余曲折があった上、現在のドライバーの平均的な長さは約45.75インチ(フォーティーン以外)に落ち着いています。 また“長尺=スキル必要”、“短尺=やさしい”という風潮までもが色濃く印象付けられるようになりました。

  その風潮に反論するわけでもありませんが、フォーティーンはこれからも長尺にこだわり続けいくことは変わりありません。飛距離追求というドライバー開発のテーマの中で、明らかに優れている物理的要素を自ら外すわけにはいきません。では、長尺ドライバーを使うことのメリットをいくつか挙げてみようと思います。

 

ずばり飛距離アップの要素しかないのが「長尺ドライバー」です。以上の理由もあり創始者・竹林(竹林隆光)は、『効率的にスキルアップしたいなら、長尺ドライバーで練習しなさい』とアマチュアの皆さんへ積極的に推奨していたと聞きます。

「長尺ドライバー」をモノにするコツとしては、シャフトが長くなる分、通常のスイングよりもフラットなプレーンを意識しながら練習を重ねることです。道具の特性に慣れ、道具の性能を使いこなすのはゴルフというスポーツとしては至極まっとうであり、それは他の13本でも変わりはありません。そしてクラブが長くなることの違和感に慣れることそのものが、飛びの進化と直結しているのは間違いありません。優しさや安定力に秀でたドライバーに委ねるだけでは真の飛距離アップは望めません。

フォーティーンではこれからも「長尺ドライバー」の進化をテーマに、ヘッド、シャフト、そしてスイングとのマッチングを目指した開発を、これまで通り行っていきます。

   そして私、竹内も今年はドラコン競技にカムバックします。ドラコン競技では参加する選手たちの全てが「長尺ドライバー」を例外なく使用している現実は、何よりその飛びのポテンシャルを象徴していますよね。私ももちろんルールギリギリの47.75インチの「CT-518」で挑戦していきます。

FOURTEEN FANCLUB(メールマガジン)
弊社製品をご愛用いただいている方、Eメールアドレスをお持ちの方なら、どなたでもご登録頂けます。
(パソコン・携帯電話どちらのアドレスでもご登録は可能です。)