FOURTEEN

ONLINE SHOP

FOURTEEN MAGAZINE

フォーティーンがお届けするお得なゴルフ情報

進化のイデア 第一章

2019-4-14

FOURTEEN


フォーティーンは現代に至るゴルフクラブの進化の礎を作り上げてきたメーカーである。その道を導いてきたのは創始者・竹林隆光。職人の勘に頼っていたクラブ作りに力学を導入し、既存と一線を画したアイデアを形にして、ゴルフクラブを進化させてきたのだ。

記事提供=ゴルフクラシック

竹林隆光

たけばやしたかみつ、1949年東京都生まれ(2013年没)。大学からゴルフを始め、卒業後ゴルフメーカーに就職する一方で競技ゴルフを続ける。77年日本オープンではローアマを獲得。81年に独立し、フォーティーン創立。内外メーカーのヒットモデルを設計・開発。00年を迎えるころには自社モデルを幅広く展開。中空アイアン『HI-858』、強烈スピン『MT-28』ウエッジなど大ヒットモデルを世に送り出す。

 


序章

 道具の影響力に

 衝撃を受けた瞬間

  

 芽生えた

 不審の心

 

 なぜ止まっているボールをうまく打てないのか。

 プレーを始めたころ、多くのゴルファーが味わう思いを竹林隆光もまた感じた。高校まで野球に打ち込み、大学入学と同時に好きで選んだゴルフ部。もちろん竹林も練習に余念はなかった。だが一方で、「道具の影響力のなんと強い競技だろう」という思いを即座に抱くようになった。

 今でこそクラブの種類はじつに豊富だが、竹林がゴルフを始めた60年代後半はパーシモンウッドに軟鉄鍛造アイアン全盛。もちろんクラブメーカーも複数ありはしたが、それらに大きな違いはさほどなかった。今あるクラブでうまく打てるようになる、それが当たり前の時代だった。ところが竹林はクラブそのものを疑う心が芽生え、次第に高まっていったのだ。

 

 クラブに生きた

 釣りの試行錯誤

 

 竹林には子どもの頃から職人気質(かたぎ)の面があった。

 「庭を手入れしてくれる植木職人さんがいたのですが、見よう見まねでやってみる。むこうもおもしろかったのでしょう、いろいろと教えてくれる。雨が降ると仕事にならず、すると釣りに連れていってくれました」。

 これまでに歩んだクラブ設計以上に情熱を傾ける、と言ったら竹林は怒るかもしれないが、それほどの釣り名人。小学生の時点で釣りの魅力にハマっていたという。

「最初は浮きを作るのに夢中になって、次は竹竿。釣本を読みあさると、冬に竹を乾燥させるといい竿になるなんて書いてあって、自分で試した。それからヘラブナ。ヘラブナの浮きはクジャクの羽ですが、近所の公園で羽を拾ってきて、23枚重ねてあれこれやってみた。もちろんヘラブナは店で売っていますが、私は既製品が嫌だった(笑)」

 こうした試行錯誤が後のクラブ作りに生きたか定かでないが、少なくとも、あれこれ試して、作ってみる、という行動は竹林の性分そのものだった。

 

 

 悩みのスライス病が

 クラブで治った

 

 「最初の頃は、例えばアイアンで6番だけ違う。なぜ、セットとしてきちんとなっていないのか」と疑問を持ったという。当時の製造技術の限界もあったのだろう。ピシッとロフト・ライ調整されたクラブなどはなかった。ゴルファーはそれぞれ所属コースのプロに微調整をしてもらい、それでやっとクラブになる時代だった。

 「次に思ったのは、どうしてメーカーはスライスしないクラブを作らないのか。シャンクも然り。いずれにしても、ゴルファーとしての発想から、その時のクラブに疑問を感じることばかりでした」。

 そうこうしているうちに時代は動き始める。ピン、リンクスの台頭だ。

 「ピンやリンクスは、クラブは職人が作るものではないと掲げ、当時としては驚くほど性能値の高いクラブを出してきたのです」。

 竹林がゴルファーとなり、唐突に感じた違和感は正しかった。腕の差もあるが、クラブの差もある。米メーカーが竹林の疑念を払拭(ふっしょく)してくれたのだ。一方で理論に対する疑問もあった。

 「アイアンはヒール側64の位置でインパクトする、などと教えられましたが、こっちとしては、えっ、何で55じゃないの?って。インパクトがヒール側から入ることを考えての64なのでしょうが、フェースの真ん中で打つなら55なはず。不思議に思うのも当然でした」。

 クラブ業界に進んでも、竹林のこの考え方は変わらなかった。とにかく既存の正しいを疑うことからスタートさせて、理論を構築させていくのだが、それはもう少し先の話だ。

 そしてある時、決定打が訪れる。

「とある瞬間からドライバーでスライスしか出なくなってしまったんです。打てども、打てどもスライス。いろいろやりましたが直りませんでした。所属プロにクラブを見てもらい、ちょっとフェースを削って、ソールプレートを外して鉛の位置を変えてみたら、不思議と、あれほど悩まされたスライスがピタッと止まった」。

 マジックでも見せられた感覚だったという。

 「それからは父親が使っていないクラブを引っ張り出して、ずいぶん壊しましたね。別に壊そうと思っていじっているわけではなかったのですが、あれこれやっていると結果的に壊れていた(笑)」。

 クラブ設計家・竹林隆光が、第一歩を踏み出した瞬間だった。


FOURTEEN FANCLUB(メールマガジン)
弊社製品をご愛用いただいている方、Eメールアドレスをお持ちの方なら、どなたでもご登録頂けます。
(パソコン・携帯電話どちらのアドレスでもご登録は可能です。)