ABOUT US すべてのゴルファーにベストな14本を。

Philosophy ブランド哲学

ブランド名の「フォーティーン」を日本語に訳すと14という数字になります。これはルールで定められたキャディバッグに入れることのできるクラブの本数です。「すべてのゴルファーにベストな14本を」そんな思いからこの名前は生まれました。

フォーティーンがこだわるクラブ創りは、「今まで打てなかったショットが打てるようになる」こと、「道具でできることは道具ですませる」こと、「本当に欲しいと思う、打ちやすく本格的なクラブ」であること。そして「クラブは美しくなければならない」ということです。美しく、機能にも優れ、すべてのゴルファーが打ちやすく、カッコよく使える14本。それがフォーティーンのクラブ創りへの思いです。

Message ロゴに込めた想い

かつてのゴルフクラブはどれも重たく、また振りにくいものばかりでパワーのあるプレーヤーでなければ使いこなすことが困難でした。そこで、特別なパワーが 無くても、誰でも振りやすく、打ちやすい本格的なクラブの開発への思いを込め、軽さ、振りやすさをイメージしてもらうためロゴマークはゴルフ用語として使 われている「アルバトロス」、「イーグル」、「バーディー」といった“鳥の羽根”をモチーフに作られています。

History フォーティーンの歴史

フォーティーンの設立は1981年。クラブ設計会社としてクラブデザイナー竹林隆光が会社を興しスタートを切りました。そして、国内国外を問わず多くのクラブメーカーからの依頼を受け、数多くのクラブの設計に携わり、多くのヒット作品を生み出してきました。その中には、ユーティリティアイアンの元祖ともいえるモデル。“重心アングル”設計という、今までにない新理論による打ちやすさと、飛距離を持つクラブとして爆発的ヒットとなったベストセラーアイアン。

そして、日本製クラブで初めてメジャータイトルをもたらしたモデルなどがあります。それらは現在も名器としての高い評価を得ています。また、今ではクラブの性能を語るとき、当たり前のように重心の位置が語られていますが、この理論を最初に確立したのもフォーティーンなのです。

さらに、フォーティーンの開発姿勢はクラブ開発だけにとどまらず、特許取得のライ&ロフトゲージをも開発しています。メーカーの開発部門やトーナメントでプロサ ポートをしているツアーバンをはじめ多くのゴルフショップ等で使用されているライ&ロフトゲージの基礎を開発したのも実はフォーティーンなのです。

The pleasure of golf ゴルフをもっと楽しむために

プロゴルファーの使用率が高いという評判からスタートしたせいでしょうか、現在でも「フォーティーンはプロモデル」という印象を持っている方が多いようです。しかし、フォーティーンのクラブの多くは本来、プロのテクニックやパワーの無いアマチュアプレイヤーのために開発されたものなのです。スピンのかけられないアマチュアゴルファーの誰もがスピンがかけられるウェッジ。ロングアイアンがうまく打てない人への中空ユーティリティアイアンなど。

ところが、そのやさしさにいつも初めに飛びつくのが、厳しいツアーを戦っているツアープロたちだったのです。決してプロや上級者のためのクラブだけを創っているわけではなく、むしろ、一般のアマチュアプレイヤーがよりやさしく打てるクラブを創ってきているのです。すべてのゴルファーがやさしく使える14本。「フォーティーン」はそんなゴルフブクラブなのです。